奥多摩三山制覇!ラストは御前山🏔

スポンサーリンク

大岳山三頭山御前山、この三つの山を人は奥多摩三山と呼びます。

そして今回、最後に残った奥多摩三山御前山に登ってきました。

前回の川苔山登山とは打って変わっての好天です!

絶好の登山日和となりました。

登山日:2020年2月3日

標高:1405m(御前山)

天気:快晴

登山口気温:1℃

登山ルート

[7:15]小沢バス停 ⇒ [8:05]仏岩ノ頭 ⇒ [9:45]御前山 ⇒ [10:25]惣岳山 ⇒ [11:10]サス沢山 ⇒ [11:55]奥多摩湖バス停

登山ルートの3D図。

地形図と登山経路。

断面図。約12.2kmの行程で、所要時間は4時間40分でした。

装備と持ち物

〇服装

・帽子…マムートのニット帽

・上衣…モンベルトレールアクションジャケット(ミドル)、モンベルウイックロン ZEO ロングスリーブT(インナー)

・ズボン…モンベルマウンテントレーナーパンツ

・靴下…モンベルトレッキングソックス

・スパッツ…モンベルGORE-TEX ロングスパッツ

・登山靴…caravanC1-02です。

〇持ち物

ザック(35リットル)、ダウンジャケット(Marmot)レインウェア、冬用手袋、お茶600ml、水筒(お湯350ml)、タオル2枚、ビニール袋、地図、GPS、デジタルカメラ、スマートフォン、チェーンスパイク(モンベル)、着替え

食材:おにぎり5個、蟹のビスクスープ

です。

小沢(バス停)~仏岩ノ頭

7時15分小沢バス停を出発!小沢バス停は、武蔵五日市駅バス停の1番乗り場から藤倉行きのバスに乗り約30分です。

バスを降りると、少し来た道を戻ります。

公衆トイレがあります。ここから先は奥多摩湖までトイレはありません。

登山道へは、この赤い橋を渡ります。

橋を渡ると、最初の分岐に曲がります。ちょっと分かりづらいですが、御前山登山口の案内の看板もあります。

そして、すぐに曲がります。御前山の登山口案内の看板を見落とさないようにしましょう。

まっすぐ進みます。正面の細い道が登山道の入り口です。

しばらく舗装された道が続きます。

続いて土の登山道をひたすら登ります。

同じような景色が続くので、登っていてちょっと退屈です。

8時5分仏岩です。クライミングできそうな大きな一枚岩が2つあります。

仏岩ノ頭~御前山

仏岩を過ぎると、岩場の道になります。

注意書きの看板もあります。

ロープの向こうはになっているので注意しましょう。

岩場を越え、しばらく登山道を登るとようやく稜線に出ます。

標高が高いところは、まだが残っています。

だいぶ雪深くなってきました。

なんとかまだチェーンスパイクを付けずに進めそうです。

この看板が見えたら、御前山の頂上はもうすぐです。

最後は階段が続きます。

雪深くなってきました。滑らないように注意が必要です。

10時45分御前山山頂到着!

富士山は、周りの木々で隠れてあまりよく見えません。

反対側は、雲取山鷹ノ巣山酉谷山などの奥多摩や秩父の山々がとても綺麗に見えます。

山頂でちょっと早いお昼ご飯。

楽しみにしていた蟹のビスクはいまいちでした。

御前山~惣岳山~サス沢山

雪で滑らないように、ここでようやくチェーンスパイクを装備!

下りは特に滑りやすいので、チャーンスパイク軽アイゼンが必須です。

10時25分惣岳山到着一面銀世界です。

このあたりが一番雪深く、15センチくらいの積雪が未だに残っています。

下りは結構急なので、滑らないように慎重に下っていきます。

少し下ると、だいぶ雪が少なくなってきました。

11時10分サス沢山到着!ここは展望台になっており、奥多摩湖を見下ろせます。

展望台からの奥多摩湖です。ダムも見えます。

サス沢山~奥多摩湖(バス停)

あとは奥多摩湖のバス停を目指して下ります。

このあたりまで下りると、もほとんどありません。

バス停の案内が見えてきました。

奥多摩湖のバス停は、湖の反対側です。

道路を通って奥多摩湖の反対側に渡ります。

右側に見える白い建物は、ダムを見下ろせる展望台です。入場料は無料です。

11時55分奥多摩湖のバス停到着!

ここから奥多摩駅までは、バスで約15分です。

講評

ここのところ暖かい日が続いていたので、雪は残ってないと思っていましたが、山頂の方は雪がかなり残っていました

山頂付近で一部勾配が急なところがあるので、チェーンスパイク軽アイゼンなどの雪山装備は必須です。

御前山へはいろいろなルートがありますが、小沢藤倉などの檜原村側のバス停に下山する場合は、帰りのバスの本数が少ないので、事前にバスの時刻を確認しておいた方がいいでしょう。

そして今回、登山中誰にも会いませんでした。

平日でシーズンオフということもありますが、奥多摩のマイナーな山はあんまり人気がないのかなと思いました。

難易度(積雪時) ★★★★★★☆☆☆☆

やまおとこ
やまおとこの孤独な旅は続くのだ!
山の記録
スポンサーリンク
やまおとこのK太をフォローする
アウトドアと音楽の生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました