2003年1月第4週のシングルランキングを振り返る

スポンサーリンク

前回(1998年1月第3週)はこちら

次回(2000年2月第1週)はこちら

 

平成で唯一のトリプルミリオンを達成した、SMAPの「世界に一つだけの花」のシングルバージョンが発売された年です。(トリプルミリオン達成は2016年)

養老孟子さんの「バカの壁」が大ベストセラーとなり、テレビでは「トリビアの泉」が大流行した年です。

それではランキングにいってみましょう!

カウントーダウン!😷

10位 涙そうそう/夏川りみ

先週の8位から2ランクダウン。Beginのカバー曲。

この曲の発売は、なんと2001年3月です。

2002年の年末に、レコード大賞で金賞を受賞し、さらに紅白歌合戦に初出場したことで一気に知名度を上げ、ランキングでもついにトップ10入りしました。

前週の8位が最高順位で、最終的な売り上げは68.4万枚と、超ロングセラーとなりました。

9位 もらい泣き/一青窈

先週の7位から2ランクダウン。一青窈のデビュー曲です。

サビの「ええいああ」という歌詞も話題になり、デビュー曲にしていきなり大ヒットしました。(売上枚数は46.4万枚

この年のレコード大賞の新人賞を獲得し、さらには紅白初出場も果たします。

8位 激愛メリーゴーランド/春夏秋冬/Psycho le cemu

ビジュアル系バンド、サイコ・ル・シェイムの2ndシングル。

この曲はあんまりよく知りません。ごめんなさい。

7位 UNTITLED 4 Ballads/Every Little Thing

先週の3位から4ランクダウン。

UNPSEAKABLE、愛の謳、ルーム、nostalgiaの4曲入りの豪華なシングルです。

愛の謳が多胡邦夫さん作曲、残りの3曲は菊池一仁さんです。

個人的には1曲目のUNPSEAKABLEと4曲目のnostalgiaが好きです。

UNSPEAKABLEはサビが2段階構成になっており、大サビでは転調も加わり聴きごたえ抜群の名曲です。

さすが菊池さんです。

6位 霞みゆく空背にして/Janne Da Arc

前作から約2か月ぶりのシングル。

前作は8位止まりでしたが、本作で最高順位を6位に更新しました。

サビの疾走感が好きです。

アルバム「ANOTHER STORY」の先行シングルです。

5位 大切なもの/ロードオブメジャー

先週の4位から1ランクダウン。

ASAYANの後継番組、「ハマラジャ」の企画でデビューしたロックバンド、ロードオブメジャーのインディーズ1stシングル。

インディーズながら、90.8万枚もの売り上げを記録します。

インディーズのシングル売り上げとしては、歴代1位です。

また、トップ10には19週(約4か月半)連続でランクインするなど、異例のロングヒットとなりました。

ちなみに、ロードオブメジャーは2007年に解散しました。

良い曲が多かっただけに、当時とても残念に思いました。

4位 空がきれい/RAG FAIR

2002年デビューのアカペラグループ。

当時人気だったハモネプの影響もあり、前年は同時発売のシングルがオリコンのシングルチャートで1位、2位を独占するなど、大ブレイクしました。

本作は2003年第1弾のシングルで完全生産限定盤で発売。

現在、土屋礼央はNAC5でラジオをやってます。

3位 風のない海で抱きしめて/愛内里菜

愛内里菜の12thシングル。

テレビでの関西弁と、歌声とのギャップに当時驚いた人は多かったことでしょう。

私も最初はビックリしました。

いい曲です。てか歌がめっちゃうまいです。

歌手はもう引退しましたが、最近ではYouTubeのチャンネルでglobeの曲など歌っているようです。(これがまた上手い!)

2位 地上の星/ヘッドライト・テールライト/中島みゆき

先週の1位から1ランクダウン。

この曲の発売は、なんと2000年7月です。(同日発売のシングルは、GLAY「MARMAID」、ラルク「STAY AWAY」、サザン「HOTEL PACIFIC」)

2000年の発売当時は、GLAY、ラルク、サザンの三つ巴が話題になり、この曲はほとんど注目されていませんでしたが、プロジェクトXのテーマ曲であったこともあり、チャート下位でロングヒットを続けていました。

それが、2002年の紅白出場をきっかけに一気に大ブレイクし、最終的に111.6万枚と驚異のミリオンセールスとなりました。

個人的にはヘッドライトー・テールライトの方が好きです。

中島みゆき3作目のミリオンです。

スポンサーリンク

1位 ハッピーライフ/175R

前作はSHAKALABITTSとの共作なので、175R単独としてはこの曲がメジャー1stシングルになります。

そして本作は、デビュー曲にして初登場1位を獲得し、総売上枚数は24.4万枚です。

次のシングル、「空に唄えば」も1位を獲得し、これはロックバンド史上初の快挙と当時話題になりました。

 

ミリオンセールス曲は、中島みゆきの1曲のみ。

涙そうそう地上の星など、1年以上前に発売された作品の急上昇が目立つ週ですね。

21世紀に入り、CDもだいぶ売れなくなってきています。

この年のミリオンセラーは「世界に一つだけの花」の1作品のみです。

そのかわり300万枚も売れましたけどね^^;

 

前回(1998年1月第3週)はこちら

次回(2000年2月第1週)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました