1998年1月第3週のシングルランキングを振り返る

スポンサーリンク


前回(1996年1月第2週)はこちら

次回(2003年1月第4週)はこちら

 

今週は、いまから23年前1998年のランキングです。

この年日本では、2月に長野オリンピックが開催されましたね。

 

音楽シーンでは、小室ブームも落ち着きつつあり、ビジュアル系バンドブームの真っただ中です。

ちなみに、CD生産枚数・生産金額はこの1998年がともに過去最高で、CDバブルの絶頂期でもあります。

そんな1998年にデビューしたアーティストは、MISIA浜崎あゆみ椎名林檎aiko宇多田ヒカルモーニング娘。Kiroro鈴木あみ、と名だたるアーティストが勢ぞろいです。

そのため、この1998年にデビューした世代は奇跡の世代ともいわれています。

 

さあ、そんな1998年1月第3週のシングルランキングを振り返っていきましょう!

カウントーダウン!🙃

10位 幸せな結末/大滝詠一

大滝詠一の、なんと12年ぶりのシングルです。

ドラマの主題歌となり、97万枚とミリオンに迫る売り上げとなりました。

透き通るような歌声が本当に素敵で、とても綺麗な歌です。

お亡くなりになられたときは、とてもショックでした…。

9位 MOTHER/PUFFY

それぞれのソロ活動を終えて、久々のPUFFY名義の曲。

PUFFYと言えば「アジアの純真」や「これが私の生きる道」といった曲がよく取り上げられますが、個人的にはこの曲もかなりの名曲だと思います。

イントロからもう民生ワールドに引き込まれます。

およげたいやきくん!をパロった歌詞も面白いし、二人のゆるい感じの歌い方も絶妙です。

8位 愛されるより 愛したい/Kinki Kids

Kinki Kidsの2作目です。

総売上げ枚数は163.9万枚で、デビュー曲の「ガラスの少年」から連続ミリオンを達成しました。

ちなみにジャニーズ事務所のミリオン達成は、1980年の近藤真彦に次いでKinki Kidsが2番目です。

当時の勢いは本当に凄かったのを覚えています。

作曲は、ジャニーズではおなじみのヒットメーカーの馬飼野康二さん。

7位 スタミナ/ブラックビスケッツ

当時大流行していたテレビ番組「ウリナリ」で結成したユニット、ブラックビスケッツのデビュー曲。

当時はポケビ派とブラビ派で分かれていましたね。(もちろん私はポケビ派でした)

ポケビ&ブラビは、ともにミリオンヒットを叩き出し一大ブームを巻き起こしましたが、CDが500円のワンコインで買えたのが大きかったと思います。(もちろん曲もいい曲が多かったですが)

ポケビの「色」に対し、ブラビは「生きるのに不可欠なもの」をテーマにして曲のタイトルを決めていたと思います。

ちなみにブラビの最大のヒット&ミリオン達成のシングルは、次作の「タイミング(148.3万枚)」で、この「スタミナ」は76.3万枚に留まります。(それでもかなり売れていますが)

6位 1/3の純情な感情/SIAM SHADE

アニメ「るろうに剣心」のエンディングでしたね。

川本真琴の「1/2」に次いでこの曲がエンディングになったときは、完全にタイトルが狙ってると誰もが思ったはずです。(小学生だった私も思いましたので…)

売上げは69.9万枚で、SIAM SHADE最大のヒット曲です。

若干マニアックな曲が多いSIAM SHADEの中でも、この曲は割とキャッチーで聴きやすいですが、それは明石昌夫さんという方がアレンジに関わっているからです。(他の曲は基本的にアレンジも自分たちだけで行っている)

アレンジって大切なんだな、と思いますね。

5位 Promise/広瀬香美

ゲッダン♪でおなじみ?の曲です。

イントロの迫りくる感じが好きでした。

サビの早口も印象的で、当時一生懸命歌詞を覚えてました。

ロマンスの神様など、他の曲に埋もれてる感じはありますが、この曲も間違いなく彼女の冬の代表曲のひとつです。

「ストロボ」とたまにごっちゃになりますが(笑)

4位 White Love/SPEED

先週の5位から1ランクアップ。

この曲で、1997年の紅白歌合戦に初出場!紅組のトップを飾りました。

そういった影響もあり、SPEED最大のヒット曲となっており、総売上枚数はなんと184.5万枚です。

当時、クラスの女子がこぞってこの曲の振付をまねしていました。

3位 CAN YOU CELEBRATE?(12cm)/安室奈美恵

先週の1位から2ランクダウン。

前年2月に発売された「CAN YOU CELEBRATE?」の、安室奈美恵の結婚記念再発版です。

当時のオリコンは、8cmシングルと12cmシングルの売り上げを別々に集計していたため、本作は前年2月に発売された8cmシングルとは完全に別作品扱いとなっています。

もし両方を合わせたら、229.6万枚(8cm版)+45.4万枚(12cm版)で、売り上げはなんと、275万枚となります。

これは歴代のシングルランキングでも9位です。(2021年1月現在)

2位 SWEET HEART MEMORY/SHAZNA

先週に引き続き2位をキープ。

前年の夏に「Melty Love」でメジャーデビューし、いきなり大ヒット!

そんなSHAZNAの4thシングルです。彼らが当時のビジュアル系ブームを牽引していたと言っても過言ではないでしょう。

A・O・Iの作曲センスには脱帽です。

同じ月に発売されたアルバムは「GOLD SUN AND SILVER MOON」は、99.9万枚売上げました。(わずかにミリオンに届かず。)

スポンサーリンク

1位 Face The Change/Every Little Thing

ELTことEvery Little Thingの7thシングル。

前作から約2か月ぶりのシングルで、1位獲得は4thシングルの「For the moment」に次いで2作目です。

ちなみにここでのfaceの意味は「顔」ではなくて「直面する」という動詞で、タイトルは「その変化に直面する」といった意味になります。

この頃のELTは、かなりのハイペースで曲を出していました。(この曲の翌月には「Time goes by」が発売されます。)

そのせいか、この曲はサビの部分しかPVがありません。

これでは、五十嵐充が疲れてしまうのも無理がありませんね。

 

ミリオン達成曲は2曲でした。(再発盤の安室奈美恵は除外してます)

この後、ビジュアルバンドブームを経て、時代はGLAYラルクの2大バンドブームに突入していきます。

そのお話はまた後ほど!

 

前回(1996年1月第2週)はこちら

次回(2003年1月第4週)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました