ダイソーの樹脂粘土でハムちゃんずを作ろう!

スポンサーリンク

最近、ダイソー樹脂粘土でいろんなキャラクターを作るのが流行っているみたいです。

コロナウイルスの流行で外出できないこともあり、YouTubeでもいろんな粘土細工の動画が上がっています。(かなりクオリティも高い作品もいっぱいありますので、ぜひ見てみてください。)

これはなかなか面白そうだと思い、自分もチャレンジしてみることに。

ということで、さっそく最寄りのダイソーへ。

紙粘土など、一般的な粘土は画材コーナーに置いてありますが、今回使用する樹脂粘土は、手芸のコーナーに置いているようです。

こちらがその樹脂粘土です。(一部開封済みです)

1袋30グラムと、一般的な粘土に比べて量が少ないです。

カラーは、全部で11色あります。

なので、ない色は粘土を混ぜ合わせることで作れちゃいそうですね。

 

が、この樹脂粘土、人気のある商品なのか1店舗目は品切れの色が多く、残念ながら4色くらいしか残ってませんでした。

なので、別の店舗へ。

2店舗目も同様に、半分くらいの色が品切れの状態。

パステルパープルとか淡い系の色はけっこう残っているのですが、赤とか緑とか原色系の色は品切れが多い傾向です。

そして黒は特に人気で、4店舗回って全て売り切れ。

5店舗目にしてようやく黒を発見!

これでようやく作業に取り掛かれます!

ついでに粘土板と、へらとめん棒のセットもダイソーで購入しました。

粘土板が100円、へらとめん棒のセットが100円です。

これは、画材コーナーの紙粘土とかのところに売ってます。

ピンセットは家にあったのを使います。

最初に作るのは、緑の帽子がチャーミーなかぶるくん

脇役だけど、ハムちゃんずの中で一番好きなキャラクターです。(うれしいぞ!)

かぶるくんに使用したのはこの6色。

ホワイトは体。

パステルピンクは手足と耳。

ブラックは目や髭など。

グリーンは帽子。

ブラウンは耳。

そしてレッドは、パステルピンクにほんの少量混ぜ合わせて、鼻に。

 

ぬいぐるみを見ながら作成すること約2時間。

完成したかぶるくんがこちら。

個人的に、一作目にしてはなかなかの出来映え。

目の白丸や、ヒゲや口など、細い部分が難しかった。

ぽっちゃり体系だけど、初期のずんぐりむっくり体型の方が好きなので、これはこれでOK。

後ろの様子。

尻尾もちゃんと作ってます。

帽子の色のムラが目立つけど、細かいことはあまり気にしない。

2、3日すればだいぶ乾きますが、ニスなどの表面加工をしていないので、耐水性はありません。

濡れるとまた粘土に戻ってしまいます。

空き瓶に入れて、適当に砂利とか小石とかを入れると、何気にいい感じのインテリアになります。

赤いお鍋があると、もっとかわいくなるかな~

とりあえず、かぶるくんはこれで完成です。

次はハム太郎でも作ろうかな。

  

みなさんも、ぜひ作ってみてくださいね!(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました