day after tomorrowシングルレビュー

スポンサーリンク

五十嵐充の全面的なバックアップを受けてエイベックスからデビューしたday after tomorrow

ELTのパクリ、とも言われることもありましたが、パクリも何も元ELTの五十嵐充自身が編曲していますから、そもそもELTなのです。

新曲を出すごとに順調に新規ファンを獲得し、ELTの再来になるか、とも思われた時期も確かにありましたが、後半は若干迷走気味となり、結局3年で活動休止となってしまいます。

ボーカルのmisonoは、歌い方に癖があるものの歌自体は下手ではないし、声質も悪くありません。

作曲陣も、エイベックスで他のアーティストに曲を提供している、北野正人と鈴木大輔の2名がメンバーに入っているので、なかなかの良曲を連発していました。

そういったこともあり、活動休止して15年(2020年現在)がたった今でも、未だに活動再開を望む根強いファンも多いグループなのです。

1st faraway

初登場23位 初動売上9,840枚 累計売上21,650枚

北野さん作曲。

ELTのデビューを思いださせるような曲。

疾走感がある爽やかな曲です。

デビューアルバムのday after tomorrowからのリカットシングルです。

day after tomorrowは、編曲にELTを脱退した五十嵐充が携わっており、懐かしのELTサウンドが堪能できます。

2nd My faith

初登場12位 初動売上19,943枚 累計売上61,474枚

鈴木さん作曲。名曲です。ミニアルバムday after tomorrrowⅡからのリカットシングルですが、ロングヒットとなり、売り上げも6万枚を越えました。

今回はシングルのレビューなので詳しくは触れませんが、day after tomorrrow、day after tomorrrowⅡの2枚のミニアルバムはどちらもかなりクオリティーが高く、エイベックスも気合いを入れていたことがうかがえます。

3rd futurity

初登場11位 初動売上18,421枚 累計売上35,454枚

鈴木さん作曲。 こちらもミニアルバムday after tomorrrowⅡからのリカットシングル。

前作より売り上げは落ちますが、リカットということも考えれば、充分売れたと言えるでしょう。

アップテンポで、かなり好きな曲です。怪しい感じのイントロもgoodです。

ただ、サビの出だしの歌詞が窮屈なので、もうちょっと歌いやすい歌詞にすればよかったのにとは今でも思っています。

4th Stay in my heart

初登場18位 初動売上7,237枚 累計売上9,685枚

鈴木さん作曲。

アルバムelementsからのリカットシングル。1万枚限定シングルなので、売り上げは伸びませんでしたが、ほぼ完売しています。

My faithに曲調が似ていますが、こちらも名曲です。

アルバム先行のシングルとかで出してたら、もっと売れてメジャーな曲になっていたのに、と思うとちょっと残念です。 いい曲だけに。

5th DAY STAR

初登場6位。初動売上げ32,718枚  累計売上70,917枚

前回までのシングルは全てアルバムからのリカットなので、純粋なシングルはなんとこの曲が初めてになります。

トリプルA面シングルで3曲ともタイアップが付き、初のトップ10入り作品です。

CDの売り上げも順調に伸びてきており、着実にファンを増やしています。

1曲目のCURRENTはICEBOXのCMソングで、テレビでも頻繁に流れていました。

トリプルA面となっていますが、実質この曲がリードシングルです。

1stシングル以来の北野さん作曲の曲です。

夏らしい爽やかでポップな歌です。

元気いっぱいなmisonoのイメージ(当時の)にもピッタリの曲です。

2曲目のイタズラなKISSは犬夜叉のエンディングテーマ。

ポップで軽快な曲ですが、クオリティは1曲目には劣ります。

3曲目のSmartlyは、TBSのサッカー番組のエンディングテーマ曲です。

悪い曲ではありませんが、まあカップリングレベルです。

6th moon gate

初登場3位。 初動売上57,480枚  累計売上200,734枚

前作のDAY STARに続き、今作monn gateもStarry Heavens、ネバーランド、These daysのトリプルA面シングル。

前作のテーマが太陽、今作のテーマが月と、対になっているような感じです。

day after tomorrowで一番売れたシングルです。

オリコン初登場は3位ですが、翌週にランクを一つ上げて2位に。

その後も、4位、5位と推移し、約1カ月にわたりトップ5をキープしました。

前作よりさらに勢いを増し、CDTVの恋人にしたいアーティストランキングでmisonoの名前がランクインしたりするなど、大ブレイク間近かとも思われましたが、実際はこの作品がピークでした。。

1曲目のStarry Heavensはゲームキューブ版のテイルズオブシンフォニアのテーマソング。

鈴木さん作曲です。

おそらく、day after tomorrowで一番有名な曲でしょう。名曲です。

2曲目はネバーランド。特筆することはないです。サビがだらだらしてねちっこい感じなので、あまり聞きませんでした。

3曲目はThese Days。ネバーランドよりは好きですが、正直カップリングレベルです。

Starry Heavenは名曲です。

一応トリプルA面ということになっていますが、普通にStarry Heavens1曲をメインにして売り出した方がよかったんじゃないかと思います。

7th Dear Friends/It’s My Way

初登場2位 初動売上31,843枚 累計売上65,691枚

両A面シングル。

前作で勢いに乗り、今作もさらに売り上げを伸ばすかと思われましたが、ここで謎の急ブレーキ、初登場自己最高の2位を獲得したものの、ガクッと売上げが落ちます。

初動売上もDAY STARを下回ってしまいます。

曲自体はそんなに悪くないんですが、ちょっとサビのインパクトが足りないかなとは思います。(言ってみれば、良くも悪くもあまり印象に残らない曲)

2曲目のIt’s My Wayは、どっちかというとこっちの方がday after tomorrowっぽい曲調です。

とはいえ、両A面にするほどではなく、いわゆるカップリングレベルです。

8th 蛍火/Show Time

初登場10位 初動売上21,475枚 累計売上30,278枚

両A面シングルです。

このシングルから作詞はmisonoではなく五十嵐充に。

1曲目の蛍火は、鈴木さん作曲。冬に聞きたいバラードの1曲です。

なかなかいい曲なのに、初登場は10位にまで落ちてしまいます。累積売上げも、前作の初動にすら届きません。

アルバムの先行シングルという事情もあるのかもしれませんが、初期のアルバムからのリカットシングルよりも低い売り上げなのはさすがにまずいです。

2曲目のShow Timeは北野さんの作曲。

サビが妙に癖になる曲です。結構好きです。が、完全にカップリングっぽい曲です。

9th lost angel

初登場4位 初動売上39,082枚 累計売上95,378枚

トリプルA面シングル。ですが、今までのトリプルA面シングルとは違い、1曲目のタイトルがCDのタイトルになっています。

前作の累積売上を初動売上のみで上回り、初登場も4位にまで回復しました。day after tomorrowのシングルで2番目の売り上げとなりました。

1曲目は、タイトルにもなっているlost angel。鈴木さんの作曲で、暗い曲調ですが、なかなかいいバラード曲です。

2曲目は、テイルズオブシンフォニア(PS2版)のテーマソング、そして僕にできること。テイルズのために書き下ろしたとのことですが、お気に入りの1曲です。

day after tomorrwは、このテイルズタイアップ路線でもっと活動して欲しかったです。

3曲目は、more than a million mile

映画「デイ・アフター・トゥモロウ」の日本語吹き替え版のテーマソングです。

この曲もいい曲です。

今までのトリプルA面シングルは、1曲目に圧倒的に力が入ってた感じでしたが、今回のトリプルA面は3曲とも良曲です。むしろ、個人的には2曲目と3曲目の方が好きかも。

10th 君と逢えた奇蹟

初登場4位 初動売上22,164枚 累計売上43,655枚 

鈴木さんの曲。初登場は前作と同じ4位ですが、初動、累積の売り上げはまた一気に下がってしまいます。

ちなみに、アルバムからのリカットシングルを除けば、初の単発A面シングルです。

やっぱりトリプルA面にしないと売れないんですかね?

なんかDear Friendの二番煎じみたいな曲で、正直パッとしません。

11th ユリノハナ

初登場12位 初動売上21,075枚 累計売上30,397枚

初動売上は前作とほとんど変わっていませんが、ついにトップ10に入れず

実質ラストシングルです。あまり印象にも残っていない曲です。

当時のday after tomorrowは、音楽だけではなく、マノーラと姫ちゃん?とかいうよく分からない映画も作成していましたが、結局音楽、映画、どちらも中途半端になってしまった感じがします。

グループとしても、迷走している感がありましたし。

実際、この年の8月にday after tomorrowは無期限の活動停止となってしまいます。

この後、day after tomorrowのメンバーでもあり、多くのヒット曲の作ってきた鈴木大輔が、GIRL NEXT DOOR(こちらはすでに解散している)を立ち上げます。

この時、day after tomorrowの再開は二度とないんだと、誰もが確信しました。

(misono自身もday after tomorrowの活動再開は絶対にないと公言していますし。。)

音楽
スポンサーリンク
やまおとこのK太をフォローする
アウトドアと音楽の生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました