奥多摩の秘境滝!海沢(うなざわ)三滝!

スポンサーリンク

奥多摩秘境滝の一つ、海沢(うなざわ)三滝に行ってきました。

なぜ秘境と言われるのかというと、まずこの滝、奥多摩駅からの公共交通機はありません

車で近くまでは行けますが、付近に駐車場はないので車も停められません。(路上駐車している車はいますが…)

なので、基本的に奥多摩駅から歩いて行くしかないのです。

距離は、奥多摩駅から約5.6キロメートル三滝の入り口まで徒歩で約2時間(120分)と公式のマップでは案内されています。

今回は、奥多摩駅から徒歩1分の所にあるレンタサイクル店で自転車を借りて、自転車で行くことにしました。

滝までの道はずっと登り坂です。

レンタルの自転車は60台ほどあるようですが、土日は予約でほとんど埋まっています

特にマウンテンバイククロスバイク人気なので、早めに予約しておかないとすぐに無くなってしまいます。

今回は予約なしで訪問しましたが、すでに電動アシスト自転車3台しか残っていませんでした。

ということで、残っていたパナソニック電動アシスト自転車を借りました。

この自転車は、1日利用(17時まで)3200円でした。

ちなみにヘルメット無料でレンタルできます。

10:50 出発!!

アメリカキャンプ村を通過します。

歩いて向かう客も結構います。

途中に砂利道もあり、道がガタガタです。

11:20 到着!

奥多摩駅から自転車で30分くらいです。

看板の奥の方へと入っていきます。

海沢の四滝と書いてあります。

三滝じゃないの?と思うかもしれませんが、道が険しくて公には案内していない滝(不動の滝)が一つあるからです。

今回は行きませんでしたが、また時間があれば不動の滝を探してみようと思います。

鬱蒼とした森の奥へと入っていきます。

一つ目の滝、三つ釜の滝です。

釜が三つあるから三つ釜の滝と言うのでしょう。(間違ってたらすいません)

土日はキャニオニングのツアー客がたくさんいます。

どんどん人が滝つぼに飛び込んでいます。

さらに奥の方へと進みます。

ネジレの滝です。

名前の通り、二つの滝がねじれの位置にあります。

まもなくキャニオニングのツアー客が到着。

キャニオニングが始まりました。楽しそうです。

三つ目の滝に向かいましょう。

本格的な山道なので、登山靴があった方がいいです。

大滝です。

三つ(四つ)の滝の中で落差が一番大きい滝です。

岩の裂け目から、滝のすぐそばまで接近できます。

三滝を見終わったので、来た道を戻ります。

途中ロープ場が数か所あります。気を付けて進みましょう。

12:30 入口に戻ってきました。

三滝巡りは最低でも1時間はかかります。

時間にゆとりをもって、1時間30分くらい見ておいた方が良いでしょう。(公式の案内でも三滝巡りの所要時間は90分です。)

山の記録
スポンサーリンク
やまおとこのK太をフォローする
アウトドアと音楽の生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました