THE YELLOW MONKEY 「9999」全曲レビュー

スポンサーリンク

2016年に復活を果たしたイエモンこと、THE YELLOW MONKEYの約19年ぶりのオリジナルアルバムです。

約15年もの期間を経て、さらに成熟したバンドへと進化したことを象徴するような、深みのあるロックナンバー中心のアルバムになっています。

個人的お気に入りトラックは、1、9、11、12です。

 

1、この恋のかけら

爽快感がありながらも、どこか哀愁感漂うロックナンバー。

イントロの出だしが印象的で、アルバムの1曲目を飾るのにふさわしい曲調です。

サビもキャッチーさを兼ね備えつつもイエモンらしさがしっかりと出せています。

の比較が印象的な歌詞も感慨深いです。

このアルバムの出来の良さを期待させてくれる、そんなお気に入りの1曲です。

評価 ★★★★☆(4.5点)

2、天道虫

配信シングルとして発売された曲です。

ゴリゴリのロックナンバー

キャッチーさはなく、イエモンのマニアックさ全開です。

聴く人によって評価が分かれる曲だと思います。

評価:★★★(3.0点)

3、Love Homme

ベースラインが印象的です。

エロティックな歌詞も結構インパクトがあります。

曲としては標準的なアルバム曲といった感じで、これといった特徴はないです。

評価:★★★(3.0点)

4、Stars(9999 version)

2017年に発売された配信シングルです。

前作(といっても19年前ですが)「8」とかにもありそうな、イエモンらしさ全開の曲です。

サビはマニアックさを出しつつも、キャッチーさを兼ね備えていて、割と聞きやすい感じに仕上がっています。

評価:★★★☆(4.5点)

5、Breaking The Hide

これまた攻撃的なゴリゴリのロックナンバー

曲の展開がなかなか凝った作りになっており、聴いていて飽きないです。

評価:★★★☆(3.5点)

6、ロザーナ

イエモンらしさ全開のロック調の曲です。

この曲もいい曲なんですが、ここまでロック全開の曲が3曲続きますので、曲とタイトルがちょっとごっちゃになります(笑)

評価:★★★☆(3.5点)

7、Changes Far Away

ここで、ちょっと一息のバラードナンバー

出だしは哀愁感漂いつつも、サビは一転して明るく、優しいロックバラードです。

評価:★★★☆(3.5点)

8、砂の塔

イエモンの再始動第一弾シングルです。

Sexy Zoneとの熾烈なオリコンウィークリー首位争いも話題になりましたね。

約15年もの解散(充電)期間を経て、より成熟したイエモンを象徴するかのような、大人の妖艶なロックナンバーに仕上がっています。

ここからアルバムの後半に入ります。

評価:★★★★(4.0点)

9、Balloon Balloon

爽快感あふれるロックナンバー

哀愁感漂うサビも、アップテンポで一気に駆け抜けていくので、聴いてきて気持ちがいいです。

ライブでは非常に盛り上がります。

このアルバムの中でも1、2を争うお気に入りの曲です。

評価:★★★★☆(4.5点)

10、Horizon

標準的なバラードナンバー。ここでまた小休止といった感じです。

このアルバムの中では、ちょっと印象は薄いです。

決して悪い曲ではないんですがね。

評価:★★★(3.0点)

11、Titta Titta

Aメロ、Bメロのマニアックさから一転、サビで急に明るい曲調になる転調がとても気持ちいいです。

これまた爽快なロックナンバーです。

評価:★★★★☆(4.5点)

12、ALRIGHT

来ました!イエモンさ全開!

復活第一弾シングル、砂の塔の2曲目です。

個人的には、砂の塔よりこっちのほうが好きです。

90年代のイエモン全盛期にもありそうな、イエモンと言ったらこれ!というようなサウンド、リズム、曲展開です。

まさに復活後のイエモンを表す代表的な1曲だと思います。

ライブでも最高に盛り上がります!

評価:★★★★★(5.0点)

13、I don’t know

アルバムラストの曲です。

こちらも配信シングルで、このアルバムの先行シングルになっています。

サビのメロディーはキャッチーで、メロディーラインも強いですが、ちょっと物足りないかな~

もう1つパンチが欲しい感じがします。

もちろんいい曲なんですが(^^;)

評価:★★★★(4.0点)

総評

イエモンらしいロック・アルバムに仕上がっています。

過去と比較するのはあまりよくないのかもしれませんが、JAMやバラ色の日々のような解散前の名曲に及ぶ曲はないですね…(^^;)

もちろんこのアルバムは大好きですが、JAMのような名曲もやっぱり期待してしまいます。

次作が非常に楽しみです。

アルバムの総合評価 ★★★★(4.0点)

音楽
スポンサーリンク
やまおとこのK太をフォローする
アウトドアと音楽の生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました